海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書の申請と使用可能な国と地域

ワクチンパスポート概要

サイト情報

新型コロナワクチン接種証明書
新型コロナワクチン接種証明書

新型コロナワクチン接種証明書、いわゆる「ワクチンパスポート」の申請と発行については厚生労働省のサイトに、使用可能な国と地域については外務省のサイトに掲載されていたのでまとめます。

最新情報や、注意事項など詳細はそれぞれの公式サイトで必ず確認してください。

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書の申請と発行

(2021年7月21日現在)

ワクチン接種証明書の概要

接種証明書は、予防接種法に基づいて各市町村で実施された新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、接種者からの申請に基づき交付するもの。当分の間は、書面による交付。接種証明書のデジタル化については今後検討。

現時点では、接種証明書を持っていることによって日本への入国時の防疫措置が緩和されることはない。日本の入国時の防疫措置については、「水際対策に係る新たな措置について」で確認してください。

対象

当分の間、以下の2条件のいずれにも当てはまる方を対象に発行される。

  1. 予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けたこと。
  2. 我が国から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

対象とならない方

  • 海外渡航時の利用を目的としない方(当分の間)。
  • 国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)。

申請先

接種を受けた際のワクチンの接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)。2021年7月26日より受付開始。

申請に必要なもの

  1. 申請書
  2. 海外渡航時に有効なパスポート
  3. 接種券のうち「予診のみ」部分
  4. 接種済証又は接種記録書

注:このほか、場合によって必要となる書類があります

記載内容

接種証明書には、接種者に関する事項(氏名、生年月日等)及び新型コロナウイルス感染症のワクチン接種記録(ワクチンの種類、接種年月日等)に加え、海外渡航時に利用できるよう、旅券番号等を記載することとしており、これらの情報を日本語と英語で表記。偽造防止対策を行っている。

最新情報や、注意事項など詳細は公式サイトで必ず確認してください。

新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域

(2021年7月21日現在)

国や地域ごとに免除・緩和される措置、取り扱いがことなります。必ず外務省の公式サイトで確認してください。

  • イタリア
  • オーストリア
  • トルコ
  • ブルガリア
  • ポーランド
  • 韓国
  • エストニア

最新情報や、注意事項など詳細は公式サイトで必ず確認してください。

 

 その他のニュース