ハワイ、新型コロナウイルス(COVID-19)に関する情報

ハワイの新型コロナウイルスに関する情報

現地情報

ワイキキ
 

 

「ハワイ、新型コロナウイルスに関する観光情報」はこちら

 

Hawaii News Nowの記事からの新型コロナウイルスに関する情報を転載します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月27日)

デイビッド・イゲ州知事は、ハワイ時間3月27日に新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、新たな緊急措置を発表しました。

ハワイ州内の感染拡大防止と居住者の健康と安全を守るため、4月1日(水)から4月30日(木)まで実施予定で、ハワイ諸島間の移動者にも14日間の隔離措置を発令しました。

ハワイ州では3月25日より、州全体での自宅待機令を発令しているほか、ハワイ州外からハワイへ到着したすべての人を対象に、到着後から14日間の自主隔離を義務付けています。

尚、隣島間の移動者の隔離措置は、客室乗務員や一部必要な業務に携わっている人は免除されます。

情報提供元:Hawaii News Now

 

 

ハワイ州観光局からの新型コロナウイルスに関する情報を転載します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月23日)

デイビッド・イゲ州知事は、ハワイ時間3月23日に新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、新たな緊急宣言を発表しました。

ハワイ州内の感染拡大防止と、居住者の健康と安全を守るため、3月25日月午前0時1分から4月30日(木)までの間、緊急時を除きハワイ州全域にて不要不急の外出禁止令を発令しました。

居住者、渡航者問わず全ての方が対象となりまます。
ただし、薬の手配や医療機関への訪問、必要な食料や備品調達のための外出は許可されます。

また、生活に不可欠なサービス・商品を提供している機関(例:飲食店、スーパーマーケット、銀行、病院・医療サービス、メディアサービス、ガソリンスタンド、公共交通機関、郵便・配送サービス業、公共施設従事者等)を除き、原則すべての従業員は在宅勤務となります。

ハワイ州では、ハワイ現地時間2020年3月26日より、ハワイ居住者と渡航者にハワイ州到着後14日間の自己隔離を命じる新たな緊急宣言を発表しています。この義務は、アメリカ合衆国内で初めての措置であり、3月26日以降、米国本土および海外からハワイへ到着する全ての方に適用されます。

ハワイ・ツーリズム・オーソリティ (HTA)は、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルス感染症における状況を注視していきます。

最新情報は以下よりご覧ください。

情報提供元:ハワイ州観光局

 

在ホノルル日本国総領事館からの新型コロナウイルスに関する情報を転載します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月22日)

●3月22日午後,コールドウェル・ホノルル市長が記者会見を行い,新型コロナウイルスに対処するため,3月23日午後4時30分から4月30日まで,必要不可欠な活動を除き,「自宅待機」,「在宅勤務」を求める命令を発出しました。概要は以下のとおりです。

  1. オアフ島に居住する全ての者は,必要不可欠な活動を除き,自宅に待機し,在宅勤務を行うことを求める。この命令は居住者だけでなく,訪問者にも適用される。違反者は5,000ドル以下の罰金又は1年以下の禁固若しくはその両方が科せられる。
  2. 当該命令において外出が認められる必要不可欠な活動とは以下を含む。
    • 自己の保健あるいは安全のために必要不可欠な行動
    • 日常生活に必要な役務もしくは生活用品を獲得するための行動
    • 法律上認められている場所において散歩やハイキング,ランニング等の屋外活動を行うこと
    • 必要不可欠な製品あるいは役務を提供する業務を行うこと
    • 家族あるいはペットの世話をすること
  3. 事業活動のうち,外出が認められる必要不可欠な事業には,保健医療行為の提供,食品の配達,ホームレスに対する役務の提供,メディア活動,ガソリンスタンド,銀行,建設資材等の販売に関わる業務,修繕に関わる役務の提供,郵便配達業務,航空便やタクシーなどの輸送事業,法律・会計サービスなどの専門家業務等が含まれる。
  4. 日用品の買い物は行うことが出来,市営バスは引き続き運行される。ホテル従業員の業務は必要不可欠な活動に含まれる。
  5. 礼拝活動も例外とされない。公園を散歩することは認められないが,歩道を歩くことは差し支えない。

●また,同日(22日),ビクトリーノ・マウイ郡長も3月26日から「自宅待機」「在宅勤務」を求める命令を発出しています。

●本日(22日)州内で新たに8人の感染者が確認され,これまでの合計が56人となりました。内訳はオアフ島41人,マウイ島9人,カウアイ島3人,ハワイ島3人です。在留邦人の皆様におかれては,引き続き感染予防に努めるとともに,州政府,市当局等の最新の情報に注意して下さい。

◎CDC
https://www.CDC.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html
◎ハワイ州保健局
https://health.hawaii.gov/docd/advisories/novel-coronavirus-2019
◎外務省(海外安全ホームページ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/
◎厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

領事サービスに関するお問い合わせ(在ホノルル日本国総領事館)
住所:1742 Nuuanu Avenue, Honolulu, Hawaii 96817-3201
電話:(国番号1-市外局番808) 543-3111
FAX:(国番号1-市外局番808) 543-3170
ホームページ  http://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

情報提供元:在ホノルル日本国総領事館

 

ハワイ州観光局からの新型コロナウイルスに関する情報を転載します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月22日)

ホノルル市長は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、本日2020年3月22日に新たな緊急宣言を発表しました。

オアフ島内の感染拡大防止と、居住者の健康と安全を守るため、3月23日月午後4時半から4月30日(木)までの間、緊急時を除き不要不急の外出禁止令を発令しました。薬の手配や医療機関への訪問、必要な食料や備品調達のための外出は許可されます。

生活に不可欠なサービス・商品を提供している機関(例:飲食店、スーパーマーケット、銀行、病院・医療サービス、メディアサービス、ガソリンスタンド、公共交通機関、郵便・配送サービス業、公共施設従事者等)を除き、原則すべての従業員は在宅勤務となります。

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル

  • レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)):ブラジル、イスラエル、カナダ、日本、オーストラリア
  • レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):その他の国
  • レベル1(十分注意してください。):現在はありません
    詳細は以下よりご覧ください。
    https://wwwnc.cdc.gov/travel/notices

ハワイ・ツーリズム・オーソリティ (HTA)は、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルス感染症における状況を注視していきます。

最新情報は以下よりご覧ください。

情報提供元:ハワイ州観光局

 

在ホノルル日本国総領事館からの新型コロナウイルスに関する情報を転載します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月21日)

●3月21日午後,イゲ知事は記者会見を行い,ハワイ州外からの渡航者(ハワイ州居住者を含む)に対し,14日間の自己検疫を義務づけることを発表しました。

  1. 居住者は自宅,訪問者はホテル等の滞在場所で自己検疫を行うことが求められ,違反者は5,000ドル以下の罰金又は1年以下の禁固若しくはその両方が科せられます。
  2. この命令は現地時間の3月26日(木)から施行され,現時点では期限は定められていません。

(自己検疫命令のポイント)

  • 州外からハワイの空港に到着した方は,農産品・動物申告書に自己申告した自己検疫場所(居住者の場合は自宅,訪問者の場合はホテルの部屋もしくは貸別荘)に直行すること。
  • 14日間もしくは滞在期間がそれ以下の場合はその期間,指定された自己検疫場所にとどまること。また,緊急に治療を要する場合を除き,指定された自己検疫場所を離れないこと。
  • プール,ミーティングルーム,フィットネスセンター,レストラン及びその他のいかなる公共スペースにも行かないこと。
  • 医師、看護士、もしくはハワイ緊急管理庁長官により許可された特定の者を除き,如何なる者も指定された自己検疫場所に入れないこと。
  • 当該ホテルもしくは貸別荘が定める自己検疫にかかる規則等を遵守すること。

●本日(21日)州内で11人の感染者が確認され,これまでの合計が48人となりました。48人の内訳は,オアフ島35人,マウイ島7人,カウアイ島3人,ハワイ島3人です。在留邦人の皆様におかれては,引き続き感染予防に努めるとともに,州政府,市当局等の最新の情報に注意してください。

◎CDC
https://www.CDC.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html
◎ハワイ州保健局
https://health.hawaii.gov/docd/advisories/novel-coronavirus-2019
◎外務省(海外安全ホームページ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/
◎厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

領事サービスに関するお問い合わせ(在ホノルル日本国総領事館)
住所:1742 Nuuanu Avenue, Honolulu, Hawaii 96817-3201
電話:(国番号1-市外局番808) 543-3111
FAX:(国番号1-市外局番808) 543-3170
ホームページ  http://www.honolulu.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

情報提供元:在ホノルル日本国総領事館

 

ハワイ州観光局からの新型コロナウイルスに関する情報を転載します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月21日)

デイビッド・イゲ州知事は、ハワイ時間2020年3月21日午後に記者会見を行い、コロナウィルス感染拡大を阻止する新たな施策として、ハワイ現地時間2020年3月26日より、ハワイ居住者と訪問者にハワイ州到着後14日間の自己隔離を命じる新たな緊急宣言を発表しました。この義務は、アメリカ合衆国内で初めての措置であり、3月26日以降、米国本土および海外からハワイへ到着する全ての人に適用されます。

現在ハワイ州での新型コロナウィルス患者の大半が旅行先で感染したという報告を受けており、州外から戻るハワイ居住者と訪問者によるウィルス拡散を徹底防止していくためにハワイ各島の郡市長とハワイのビジネス、コミュニティ、旅行業界と協議の元、共同で発案発表されました。

2020年3月26日以降、ハワイ州の空港に到着する全ての訪問者とハワイ居住者は、機内にてハワイ農務省発行の書類へ必要事項を記入する義務があります。ハワイ州へ到着後、パスポートや身分証明書と共に書類を提示します。この書類には、14日間の自己隔離の必須要件と違反した際の罰則に関する情報も含まれています。

本日発表された14日間の自己隔離措置についての詳細は以下の通りです。

  • 自己隔離措置を行う場所は滞在先の宿泊施設(ホテルやコンドミニアム等のお部屋)となります(ハワイ居住者の場合は自宅での自己隔離となります)
  • ハワイへ到着後は、速やかに空港から直接宿泊先へ向かってください
  • レストランやジム、プールなどの公共施設の利用はできません
  • 外出は医療施設を利用する場合のみ許可されます
  • 宿泊先には原則、医療関係者の出入りのみが許可されます
  • もし風邪のような症状を発症した際や体調不良の場合は、宿泊先からまずは医療機関へご連絡ください
    ドクターズ・オン・コール(日本語対応):(808)923-9966
    ワイキキ緊急医療クリニック(日本語対応):(808)924-3399
    Doctor’s of Waikiki「ワイキキのお医者さん」(日本語対応):(808)922-2112

※高齢者や持病をお持ちの方は、かかりつけの病院の指示を仰いでください
※病院の対応が必要な場合は、医療機関へ連絡し、旅行歴をお伝えください
※もし緊急対応が必要な場合(呼吸困難等)は、911へお電話し、症状と旅行歴をお伝えください

上記のハワイ州が定める義務に従わない場合、罰則が科せられる場合がありますのでご注意ください。

イゲ州知事は次のように述べています。
「年間多くの観光客に訪問いただき、ハワイを愛してくださる皆さまには大変感謝しています。今回の苦渋な決断は、ハワイ経済にとっても大きな影響を与えることとなることを重々承知していますが、ハワイ州の住民やコミュニティを守るために大変重要な決断であり、今適切な措置を取ることでコロナウィルスの感染拡大を阻止することができると信じています。」

ハワイでは現時点で48件(カウアイ島:3件、オアフ島:35件、マウイ島:7件、ハワイ島:3件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。

ハワイ・ツーリズム・オーソリティ (HTA)は、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルス感染症における状況を注視していきます。

最新情報は以下よりご覧ください。

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月20日)

イゲ州知事は、ハワイが直面している新型コロナウイルスの危機に対処し、訪問者を歓迎する準備を整えられるよう、旅行者にハワイへの旅行を30日間延期するよう要請しました。旅行をすでに計画されている方は航空会社及び旅行取扱業者へご相談ください。

ハワイでは現時点で37件(カウアイ島:3件、オアフ島:28件、マウイ島:5件、ハワイ島:1件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。

島や郡によりガイドラインの内容は異なりますので詳細は以下よりご確認ください。

これらのガイドラインに基づき、多くの企業は営業時間を短縮し、バーやクラブは閉鎖、飲食サービスは持ち帰りと配達のみに制限されています。

一部のホテルは閉鎖、または限られたサービスの提供をしています。予め各社へご確認されることをおすすめします。

すべてのクルーズ船の乗客は、下船することができません。

ハワイ・ツーリズム・オーソリティ (HTA)は、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルス感染症における状況を注視していきます。

最新情報は以下よりご覧ください。

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月19日)

ハワイでは現時点で26件(カウアイ島:2件、オアフ島:18件、マウイ島:5件、ハワイ島:1件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。

ウイルスの拡散を緩和するために、住民と訪問者は、疾病管理予防センター(CDC)のガイドラインに従い、衛生管理を行い、他人との接触の機会を減らし、10名以上の集会を控えることを要請しています。

イゲ州知事は、ハワイが直面している新型コロナウイルスの危機に対処し、訪問者を歓迎する準備を整えられるよう、旅行者にハワイへの旅行を30日間延期するよう要請しました。旅行をすでに計画されている方は航空会社及び旅行取扱業者へご相談ください。

島や郡によりガイドラインの内容は異なりますので詳細は以下よりご確認ください。

すべてのクルーズ船の乗客は、下船することができません。

ハワイ州保健局からの最新情報はこちら:
https://health.hawaii.gov/news/covid-19-updates/

ハワイ旅行を計画されている方は疾病管理予防センター(CDC)の情報をご確認ください。特に高齢者および重度の慢性疾患を患う方は、重要でない旅行の延期を推奨しています。

米国内の旅行について
CDCは通常、米国内の旅行に関する勧告を通知しません。 しかし、すべての州での感染症例が報告されており、一部の地域では感染が広がっています。 空港などの混雑した場所に感染者がいる場合、感染のリスクが高くなる可能性があります。 旅行しても安全かどうかを判断する際には公的機関からの情報を確認することを推奨します。旅行中には、新型コロナウイルスやその他呼吸器疾患の発症や感染を防ぐための予防措置を必ず講じてください。

予防措置についてはこちらをご覧ください。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prepare/prevention.html?CDC_AA_refVal=https%3A%2F%2Fwww.cdc.gov%2Fcoronavirus%2F2019-ncov%2Fabout%2Fprevention.html

最新の新型コロナウイルスの情報についてはこちらをご覧ください。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/index.html

海外から米国への訪問者につきましては、事前に自国の再入国プロセスと手順を確認することを推奨します。

ハワイでは、引き続きホテルやアトラクション会社、レストラン、公共施設での衛生活動を強化し、渡航者間での感染拡大防止に努めています。また、従業員へ向けても、自宅や職場で良好な衛生状態を継続するための指導を行うなど、積極的な措置を講じています。

最新情報は以下よりご覧ください。

イベント開催状況及び商業施設・アクティビティ営業状況について

ハワイ州では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ハワイで開催されるイベントの延期又は中止、商業施設の一時休館や営業時間の変更などが生じている場合があります。状況は日々変更となる可能性があるため、予め各社へご確認の上、ご訪問されることをおすすめします。

新型コロナウィルス感染症に伴う観光情報

https://www.allhawaii.jp/htjnews/4168/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月18日)

ホノルル市長は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、ハワイ時間3月20日(金)の午後8時30分より、ホノルル市内の全ての公園、レストラン及びナイトクラブの営業休止の指示を出しました。テイクアウトやデリバリーサービスは引き続き営業可能です。
緊急救援隊員などは通常通り任務しています。

また、カウアイ郡長はハワイ時間3月20日(金)より、午後9時から午前5時までの外出を原則禁止することを発表しました。
医療機関の利用など、緊急時の外出は認められます。

ハワイ・ツーリズム・オーソリティ (HTA)は、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルス感染症における状況を注視していきます。

最新情報は以下よりご覧ください。

イベント開催状況及び商業施設・アクティビティ営業状況について

ハワイ州では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ハワイで開催されるイベントの延期又は中止、商業施設の一時休館や営業時間の変更などが生じている場合があります。状況は日々変更となる可能性があるため、予め各社へご確認の上、ご訪問されることをおすすめします。

新型コロナウィルス感染症に伴う観光情報

https://www.allhawaii.jp/htjnews/4168/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月18日)

ハワイでは現時点で14件(カウアイ島:2件、オアフ島:8件、マウイ島:3件、ハワイ島:1件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。

ウイルスの拡散を緩和するために、住民と訪問者は、CDCのガイドラインに従い、衛生管理を行い、他人との接触の機会を減らし、10名以上の集会を控えることを要請しています。

イゲ州知事は、ハワイが直面している新型コロナウイルスの危機に対処し、訪問者を歓迎する準備を整えられるよう、旅行者にハワイへの旅行を30日間延期するよう要請しました。旅行をすでに計画されている場合は旅行会社へご相談ください。

すべてのクルーズ船の乗客は、下船前に体温測定及び医師による面接を義務付けられています。空港でも同様の取り組みは近日中に開始予定です。

バー及びクラブは閉店、レストランは飲食サービスは出前、ドライブスルー、配達のみへの営業に移行するよう要請されています。

ハワイ州保健局からの最新情報はこちら:
https://health.hawaii.gov/news/covid-19-updates/

ハワイ旅行を計画されている方は疾病管理予防センター(CDC)の情報をご確認ください。特に高齢者および重度の慢性疾患を患う方は、重要でない旅行の延期を推奨しています。

米国内の旅行について

  • CDCは通常、米国内の旅行に関する勧告を発行しません。 しかし、すべての州での感染症例が報告されており、一部の地域では感染が広がっています。 空港などの混雑した場所に感染者がいる場合、感染のリスクが高くなる可能性があります。 旅行しても安全かどうかを判断する際に考慮すべき点がいくつかあります。
  • 状況に応じて、計画を延期またはキャンセルすることができます。 旅行される場合は、旅行中に、新型コロナウイルスやその他の呼吸器疾患の発生と拡散を防ぐための予防措置を必ず講じてください。

予防措置についてはこちらをご覧ください。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prepare/prevention.html?CDC_AA_refVal=https%3A%2F%2Fwww.cdc.gov%2Fcoronavirus%2F2019-ncov%2Fabout%2Fprevention.html

最新の新型コロナウイルスの情報についてはこちらをご覧ください。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/index.html

外国からの訪問者について

  • 米国への入国を許可されている海外からの訪問につきましては、自国の再入国プロセスと手順を確認することを推奨します

ハワイでは、引き続きホテルやアトラクション会社、レストラン、公共施設での衛生活動を強化し、渡航者間での感染拡大防止に努めています。また、従業員へ向けても、自宅や職場で良好な衛生状態を継続するための指導を行うなど、積極的な措置を講じています。

最新情報は以下よりご覧ください。

イベント開催状況及び商業施設・アクティビティ営業状況について

ハワイ州では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ハワイで開催されるイベントの延期又は中止、商業施設の一時休館や営業時間の変更などが生じている場合があります。状況は日々変更となる可能性があるため、予め各社へご確認の上、ご訪問されることをおすすめします。

新型コロナウィルス感染症に伴う観光情報

https://www.allhawaii.jp/htjnews/4168/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月17日)

デイビッド・イゲ州知事はハワイ現地時間の3月17日午後に記者会見を行い、新型コロナウィルスの拡大を緩和するための追加措置を発表しました。
また、この度新たに4件の新型コロナウィルス感染者が確認され、ハワイ州で合計14名が感染したことを公表し、感染が広がる事態に迅速に行動することにより、より速く回復すること、ハワイの人々やコミュニティを保護することを目的とし、イゲ州知事は下記の通り述べました。

  • 新型コロナウィルスの脅威からハワイ在住者やコミュニティを保護するため、国内外問わず訪問者のハワイ州への渡航を30日間差し控えるよう要請
  • 空港及びクルーズ船の乗客に対し,体温測定及び面談でのスクリーニングも開始予定(クルーズ船に関しては20日から,空港は近日中に開始予定)
  • 10名以上の集会の自粛を要請
  • バー及びクラブの閉鎖
  • レストランは出前、テイクアウト、ドライブスルーのみへの営業に移行するよう要請
  • シアター、エンターテイメント施設、観光アトラクションの休業
  • 不要不急な旅行の自粛
  • 感染リスクの高い人は外出を控え、特に感染予防を実施することを推奨
  • 老人ホームや介護施設への訪問の自粛
  • もし世帯内で新型コロナウィルス感染者が確認された場合は、世帯全員外出を自粛
  • 電気・水道などすべての公益事業、そして燃料生産、輸送施設、金融機関、金融サービス、通信会社、卸売業者、流通業者、食料品店、薬局、ガソリンスタンドなど地域社会にとって必要不可欠な産業は、生活に支障なく運営を続けるために必要な措置を実行

この非常事態の間、ハワイ州では住民の生活を維持するため、地域企業や非営利団体と以下の追加措置が議論されています。

  • 休業中も従業員に福利厚生が付与されること
  • 家賃不払いによる立ち退きや封鎖を停止するための取り組み
  • 公共および民間の公益事業者と協力し、電気、ガス、水、インターネットサービス、固定電話サービス、携帯電話サービスなどの遮断阻止

イゲ州知事はまた、ハワイ州政府職員に対して、不要不急の出張や旅行(隣島間含む)を禁止することを発表しました。ハワイ州外から州内に戻った関係者に対し、14日間の自己隔離を要請しています。今後15日間、対応可能な者はテレワーク勤務を実施し,民間においても可能な限りテレワークを推奨しています。

新型コロナウィルスに対処するため、引き続き感染防止に努めると同時に、州民の健康と安全を維持していきます。

ハワイ・ツーリズム・オーソリティ (HTA)は、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルス感染症における状況を注視していきます。

最新情報は以下よりご覧ください。

イベント開催状況及び商業施設・アクティビティ営業状況について

ハワイ州では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ハワイで開催されるイベントの延期又は中止、商業施設の一時休館や営業時間の変更などが生じている場合があります。状況は日々変更となる可能性があるため、予め各社へご確認の上、ご訪問されることをおすすめします。

新型コロナウィルス感染症に伴う観光情報

https://www.allhawaii.jp/htjnews/4168/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月15日)

ハワイ州保健局(DOH)はハワイ時間3月15日、新たに3名(計7名)の新型コロナウィルス感染が確認されたことを発表しました。
現在ハワイ州保健局は濃厚接触者について確認を進めています。

新たな感染者情報:

  • コロラド州へ訪問していたハワイ在住者がオアフ島に帰宅後、3月9日に発症し、現在自宅にて療養中。
  • ドイツにて感染が確認されたカナダの航空会社の客室乗務員が3月8日にマウイ島に到着し、現在マウイ島ラハイナの施設にて隔離措置が行われている。
  • フロリダ州へ訪問していたハワイ在住者が3月8日にハワイに帰宅後、3月10日に咳と発熱の症状を発症。現在オアフ島の自宅にて療養中。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は感染拡大防止のため、50名以上が集まるイベントや集会に対してのガイドラインを発表しました。
カンファレンス、フェスティバル、パレード、コンサート、スポーツイベント、ウェディング等の人が多く集まるイベントが対象となり、今後8週間の間、延期または中止要請を行っています。団体が運営するものに限らず、個人が開催するイベントも含まれます。

ハワイツーリズムオーソリティは旅行者に公衆衛生局からの推奨事項に従いつつ、良好な衛生状態を継続するよう促しています。また、疾病管理予防センター(CDC)は、ウェブサイトで最新情報を提供しています: https://www.cdc.gov/CORONAVIRUS/2019-NCOV/SUMMARY.HTML

ハワイでは、ホテルやアトラクション会社、レストラン、公共施設での衛生活動を強化し、住民や渡航者間での感染拡大防止に努めています。また、従業員へ向けても、自宅や職場で良好な衛生状態を継続するための指導を行うなど、積極的な措置を講じています。

また、クルーズライン国際協会(Cruise Lines International Association)は、新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため、3月14日から米国から出港するクルーズ船に対して30日間停止要請を行うことを発表しました。対象のクルーズ船を予約されている方は、予約元の各社へ直接ご連絡ください。

国土安全保障省長官宣言
3月14日の時点で、米国に入国する14日以内に次の28のヨーロッパ諸国のいずれかに滞在した渡航者は、米国に入国することができません:
オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン 、スイス、イギリス
*永住者、米国市民の近親者には適用しません
詳細はこちら: https://www.dhs.gov/news/2020/03/11/homeland-security-acting-secretary-chad-f-wolf-s-statement-presidential-proclamation

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル

  • レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)):韓国、中国、イタリア、イラン
  • レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):現在はありません
  • レベル1(十分注意してください。):現在はありません

ハワイ州保健局は住民及び旅行者へ向けて以下感染防止対策への呼び掛けを行っています:

  • こまめに20秒以上、石鹸で手を洗いましょう
  • 手洗い前に目、鼻、口を触らないようにしましょう
  • 病気の人に近寄らないようにしましょう
  • 病気の際は自宅で療養しましょう
  • 咳エチケットを心がけ、風邪のような症状のある方はマスクを着用しましょう
  • 頻繁に触れる物や場所は、家庭用のクリーニングスプレーまたは除菌シート等を使用して清掃および消毒しましょう

ハワイ・ツーリズム・オーソリティ (HTA)は、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルス感染症における状況を注視していきます。

最新情報は以下よりご覧ください。

イベント開催状況及び商業施設・アクティビティ営業状況について

ハワイ州では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ハワイで開催されるイベントの延期又は中止、商業施設の一時休館や営業時間の変更などが発生している場合があります。状況は日々変更となる可能性があるため、予め各社へご確認の上、ご訪問されることをおすすめします。

イベント

商業施設/アクティビティ/交通機関

  • アラモアナ・センター(オアフ島)
    3月16日(月)より営業時間を一時的に短縮して営業
    詳細: https://www.alamoanacenter.com/ja/visit.html
  • カラウパパ国立歴史公園(モロカイ島)
    カラウパパ国立歴史公園を訪れるツアーを一時的に中止
    詳細: https://www.nps.gov/kala/index.htm
  • KCCファーマーズマーケット
    3月14日(土)より一時的に開催中止
    詳細: https://hfbf.org/
  • ポリネシア・カルチャー・センター
    3月16日(月)から31日(火)まで休園
    2つの特別なイベントである、3月23日に予定していた第2回AgDay(農業デイ)および、5月6日から9日の第28回世界ファイヤーナイフ大会も中止
    詳細: https://polynesia.jp/
  • マウナケア・ビジター・インフォメーション・センター(ハワイ島)
    3月15日(日)18時より一時的に閉館
    駐車場と簡易トイレはご利用いただけます
  • ワイキキトロリー
    3月14日(土)より運行スケジュールを変更
    イエローライン(ホノルルダイニングエクスプレス)の運行を一時的に中止
    その他のラインは一部減便にて運行
    詳細: https://jp.waikikitrolley.com/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月14日)

ハワイ州保健局はハワイ時間3月14日、アメリカ本土からの訪問者2名の新型コロナウィルス感染が確認されたことを発表しました。

陽性反応が確認された2名は、3月2日にマウイ島に訪問した後、3月8日にカウアイ島に滞在し、現在ハワイ州保健局指示の元、カウアイ島の病院にて隔離措置が行わています。
現時点で感染拡大は確認されていませんが、感染者との濃厚接触者を調べ、健康状態の確認を行ってます。

今回の発表は、3月8日にハワイで発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の2件目の症例に続くものです。

ハワイツーリズムオーソリティは旅行者に公衆衛生局からの推奨事項に従いつつ、良好な衛生状態を継続するよう促しています。また、疾病管理予防センター(CDC)は、ウェブサイトで最新情報を提供しています: https://www.cdc.gov/CORONAVIRUS/2019-NCOV/SUMMARY.HTML

ハワイでは、ホテルやアトラクション会社、レストラン、公共施設での衛生活動を強化し、住民や渡航者間での感染拡大防止に努めています。また、従業員へ向けても、自宅や職場で良好な衛生状態を継続するための指導を行うなど、積極的な措置を講じています。

また、クルーズライン国際協会(Cruise Lines International Association)は、新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため、3月14日から米国から出港するクルーズ船に対して30日間停止要請を行うことを発表しました。対象のクルーズ船を予約されている方は、予約元の各社へ直接ご連絡ください。

国土安全保障省長官宣言
3月14日の時点で、米国に入国する14日以内に次の28のヨーロッパ諸国のいずれかに滞在した渡航者は、米国に入国することができません:
オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン 、スイス、イギリス
*永住者、米国市民の近親者には適用しません
詳細はこちら: https://www.dhs.gov/news/2020/03/11/homeland-security-acting-secretary-chad-f-wolf-s-statement-presidential-proclamation

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル

  • レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)):韓国、中国、イタリア、イラン
  • レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):現在はありません
  • レベル1(十分注意してください。):現在はありません

ハワイ州保健局は住民及び旅行者へ向けて以下感染防止対策への呼び掛けを行っています:

  • こまめに20秒以上、石鹸で手を洗いましょう
  • 手洗い前に目、鼻、口を触らないようにしましょう
  • 病気の人に近寄らないようにしましょう
  • 病気の際は自宅で療養しましょう
  • 咳エチケットを心がけ、風邪のような症状のある方はマスクを着用しましょう
  • 頻繁に触れる物や場所は、家庭用のクリーニングスプレーまたは除菌シート等を使用して清掃および消毒しましょう

ハワイ・ツーリズム・オーソリティ (HTA)は、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルス感染症における状況を注視していきます。

最新情報は以下よりご覧ください。

イベント開催状況及び商業施設・アクティビティ営業状況について

ハワイ州では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ハワイで開催されるイベントの延期又は中止、商業施設の一時休館や営業時間の変更などが発生している場合があります。状況は日々変更となる可能性があるため、予め各社へご確認の上、ご訪問されることをおすすめします。

イベント

商業施設/アクティビティ/交通機関

  • KCCファーマーズマーケット
    3月14日(土)より一時的に開催中止
    詳細: https://hfbf.org/
  • ポリネシア・カルチャー・センター
    3月16日(月)から31日(火)まで休園
    2つの特別なイベントである、3月23日に予定していた第2回AgDay(農業デイ)および、5月6日から9日の第28回世界ファイヤーナイフ大会も中止
    詳細: https://polynesia.jp/
  • マウナケア・ビジター・インフォメーション・センター(ハワイ島)
    3月15日(日)18時より一時的に閉館
    駐車場と簡易トイレはご利用いただけます
  • ワイキキトロリー
    3月14日(土)より運行スケジュールを変更
    イエローライン(ホノルルダイニングエクスプレス)の運行を一時的に中止
    その他のラインは一部減便にて運行
    詳細: https://jp.waikikitrolley.com/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月13日)

現在2名の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の陽性症例が確認されていますが、ウイルス拡散の症例はまだ報告されていません。

ハワイ現地時間2020年3月8日、ハワイ州保健局は二人目の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の陽性症例が確認され、重症のため、オアフ島内の病院にて入院中であることを発表しました。感染者は3月2日にワシントン州滞在中に体調不良を訴え、3月4日にホノルルに戻りました。この発表は3月6日にハワイで最初に発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症例に続くものです。

ハワイ州保健局は2020年4月11日までモロカイ島のカラウパパ国立歴史公園のツアーの催行を中止することを3月11日に発表しました。

ハワイツーリズムオーソリティは旅行者に公衆衛生局からの推奨事項に従いつつ、良好な衛生状態を継続するよう促しています。また、疾病管理予防センター(CDC)は、ウェブサイトで最新情報を提供しています: https://www.cdc.gov/CORONAVIRUS/2019-NCOV/SUMMARY.HTML

ハワイでは、ホテルやアトラクション会社、レストラン、公共施設での衛生活動を強化し、住民や渡航者間での感染拡大防止に努めています。また、従業員へ向けても、自宅や職場で良好な衛生状態を継続するための指導を行うなど、積極的な措置を講じています。

国土安全保障省長官宣言
3月11日の時点で、米国に入国する14日以内に次の26のヨーロッパ諸国のいずれかに滞在した渡航者は、米国に入国することができません:
オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン 、スイス
*永住者、米国市民の近親者には適用しません
詳細はこちら: https://www.dhs.gov/news/2020/03/11/homeland-security-acting-secretary-chad-f-wolf-s-statement-presidential-proclamation

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル

  • レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)):韓国、中国、イタリア、イラン
  • レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):現在はありません
  • レベル1(十分注意してください。):現在はありません

ハワイ州保健局は住民及び旅行者へ向けて以下感染防止対策への呼び掛けを行っています:

  • こまめに20秒以上、石鹸で手を洗いましょう
  • 手洗い前に目、鼻、口を触らないようにしましょう
  • 病気の人に近寄らないようにしましょう
  • 病気の際は自宅で療養しましょう
  • 咳エチケットを心がけ、風邪のような症状のある方はマスクを着用しましょう
  • 頻繁に触れる物や場所は、家庭用のクリーニングスプレーまたは除菌シート等を使用して清掃および消毒しましょう

ハワイ・ツーリズム・オーソリティ (HTA)は、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルス感染症における状況を注視していきます。

最新情報は以下よりご覧ください。

イベント開催状況及び商業施設・アクティビティ営業状況について

ハワイ州では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ハワイで開催されるイベントの延期又は中止、商業施設の一時休館や営業時間の変更などが発生している場合があります。状況は日々変更となる可能性があるため、予め各社へご確認の上、ご訪問されることをおすすめします。

イベント

商業施設/アクティビティ/交通機関

  • KCCファーマーズマーケット
    3月14日(土)より一時的に開催中止
    詳細: https://hfbf.org/
  • ポリネシア・カルチャー・センター
    3月16日(月)から31日(火)まで休園
    2つの特別なイベントである、3月23日に予定していた第2回AgDay(農業デイ)および、5月6日から9日の第28回世界ファイヤーナイフ大会も中止
    詳細: https://polynesia.jp/
  • ワイキキトロリー
    3月14日(土)より運行スケジュールを変更
    イエローライン(ホノルルダイニングエクスプレス)の運行を一時的に中止
    その他のラインは一部減便にて運行
    詳細: https://jp.waikikitrolley.com/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月12日)

ハワイ州保健局は現在2名の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の陽性症例が確認されていることを受け、引き続き公共施設での衛生活動を強化し、住民や渡航者間での感染拡大防止に努めており、医療機関の衛生強化及び医療機関のスタッフの健康管理も行っています。

3月6日に確認された一人目の患者は、2月11日から21日までグランドプリンセスクルーズ船に乗船し、メキシコに到着後、体調不良等の症状はなくホノルルへ帰国しました。
その後3月1日に体調不良を訴え、3月6日に新型コロナウイルスの陽性が確認されました。患者は現在もハワイ州保健局(HDOH)監査の元、自宅療養を続け、外部との接触を避けています。
感染はグランドプリンセスクルーズ乗船中にしたものとみられ、現在のところハワイ州内における感染拡大は見られていません。

3月8日に感染が確認された二人目の患者に関しては、重症のため、オアフ島内の病院にて現在も入院中です。

ハワイ州保健局は住民及び旅行者へ向けて以下感染防止対策への呼び掛けを行っています:

  • こまめに20秒以上、石鹸で手を洗いましょう
  • 手洗い前に目、鼻、口を触らないようにしましょう
  • 病気の人に近寄らないようにしましょう
  • 病気の際は自宅で療養しましょう
  • 咳エチケットを心がけ、風邪のような症状のある方はマスクを着用しましょう
  • 頻繁に触れる物や場所は、家庭用のクリーニングスプレーまたは除菌シート等を使用して清掃および消毒しましょう

また、ハワイ運輸局は、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)の衛生管理を強化するため、特に人の流れが多い場所にアルコール消毒の設置場所を増やすと同時に、
お手洗いやドアノブ、フードコート、手荷物受取場所、エレベーターボタンなどの消毒を強化しています。

最新情報は以下よりご覧ください。

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月9日)

ハワイ現地時間2020年3月8日、ハワイ州保健局は二人目の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の陽性症例が確認されたことを発表しました。感染者は高齢かつ重症のため、現在オアフ島の病院に入院中です。感染者は3月2日にワシントン州滞在中に体調不良を訴え、3月4日にホノルルに戻りました。この発表は3月6日にハワイで最初に発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症例に続くものです。

ハワイツーリズムオーソリティは旅行者に公衆衛生局からの推奨事項に従いつつ、良好な衛生状態を継続するよう促しています。また、疾病管理予防センター(CDC)は、ウェブサイトで最新情報を提供しています:https://www.cdc.gov/CORONAVIRUS/2019-NCOV/SUMMARY.HTML

疾病管理予防センター(CDC)からの最新情報はこちら:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/index.html

ハワイでは、ホテルやアトラクション会社、レストラン、公共施設での衛生活動を強化し、住民や渡航者間での感染拡大防止に努めています。また、従業員へ向けても、自宅や職場で良好な衛生状態を継続するための指導を行うなど、積極的な措置を講じています。

最新情報は以下よりご覧ください。

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2020年3月7日)

ハワイ現地時間2020年3月6日、ハワイ州保健局はハワイで初となる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の陽性症例が確認されたことを発表しました。感染者はハワイ在住者であり、グランドプリンセスクルーズ船に乗船中、感染した可能性があると推測されています。現時点では、ハワイ現地でのウイルス拡散の症例はありませんが、ハワイ州保健局は、感染者との接触者の追跡調査を行っています。

ハワイでは、ホテルやアトラクション会社、レストラン、公共施設での衛生活動を強化し、住民や渡航者間での感染拡大防止に努めています。また、従業員へ向けても、自宅や職場で良好な衛生状態を継続するための指導を行い、ハワイ州すべての空港の手荷物受取所では、動画を通して渡航者へも呼び掛けを行うなど、積極的な措置を講じています。

ハワイ州保健局からの最新情報はこちら: https://health.hawaii.gov/NEWS/COVID-19-UPDATES/

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル

  • レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告)):中国、イタリア、イラン、韓国
  • レベル2(不要不急の渡航は止めてください。):日本
  • レベル1(十分注意してください。):香港

ハワイ州保健局は以下感染防止対策への呼び掛けを行っています:

  • こまめに20秒以上、石鹸で手を洗いましょう
  • 手洗い前に目、鼻、口を触らないようにしましょう
  • 病気の人に近寄らないようにしましょう
  • 病気の際は自宅で療養しましょう
  • 咳エチケットを心がけ、風邪のような症状のある方はマスクを着用しましょう
  • 頻繁に触れる物や場所は、家庭用のクリーニングスプレーまたは除菌シート等を使用して清掃および消毒しましょう
  • 最新情報を発信しています。
    ご登録はこちら: https://health.hawaii.gov/NEWS/COVID-19-UPDATES/

ハワイ・ツーリズム・オーソリティ (HTA)は、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルス感染症における状況を注視していきます。

最新情報は以下よりご覧ください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によりデルタ航空は一時的減便、ハワイアン航空は運航頻度を調整することを発表しました。

デルタ航空

  • 米国出発便は3月7日から、日本出発便は3月8日から、名古屋ーホノルル路線は週5便から週3便へ、関空ーホノルル路線は毎日から週3便となります。
  • すべての東京ー米国便を、成田空港から羽田空港に集約する計画は、予定どおり3月29日に実施され、ホノルル便は、3月29日より成田空港から羽田空港に移行し、運航します。 https://news.delta.com/delta-become-largest-us-carrier-serving-tokyo-haneda-2020-JP

デルタ航空からの最新情報はこちら: https://ja.delta.com/jp/ja/advisories/other-alerts/coronavirus-travel-updates

ハワイアン航空

  • 3月28日から4月29日までの期間、現在週3便で運航している羽田空港からエリソン・オニヅカ・コナ国際空港、及び週4便で運航しているダニエル K. イノウエ国際空港(ホノルル)への両路線を一時的に運休します。
  • 2019年11月に発表された1日1便の羽田ーホノルル間の増便は予定通り開始されます。

ハワイアン航空からの最新情報はこちら: https://www.hawaiianairlines.co.jp/coronavirus

一時運休となる路線のフライトスケジュール(すべて現地時間)

ワイキキ
 

情報提供元:ハワイ州観光局

 

ハワイ州知事オフィス からの ニュースリリース — イゲ知事が対COVID-19非常事態宣言発表(2020年3月5日)

デイビッド・イゲ知事は本日、新型コロナウイルス(COVID-19)の拡散防止、封じ込め、軽減、および必要に応じて災害救援を提供するため、州の迅速かつ効率的作業を可能にする非常事態宣言を発表しました。

ハワイではCOVID-19発症例は報告されていませんが、州内で起こりうるケースや発症に備えるため、知事はこの宣言に踏み切りました。

マウイ郡、カウアイ郡、ホノルル市郡の各長も、COVID-19の拡散をめぐり展開している最近の事態に対応するため、本日同様の宣言を発表します。なお、ハワイ郡キム市長は2020年2月28日(金)に非常事態宣言を発表しています。

州の非常事態宣言は、物資や機器購入に必要な州資金の支出、およびCOVID-19が生み出す状況への迅速かつ効率的な対応を許可するものです。

宣言はまた、州の資金調達に柔軟性を与え、緊急な州機能の効率的実行を妨げる可能性がある法律を中断させることも可能にします。

「私たちの最優先課題は、ハワイ州全地域社会の健康と安全です。COVID-19感染拡大を受け手、世界保健機関(WHO)が国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態を宣言しました。今回の非常事態宣言は、私たちのコミュニティをウイルスから守り必要に応じて緊急救援を提供する取り組みにおいて、より迅速かつ効率的に動くことを可能にします」と、イゲ知事は述べています。

災害緊急救援期間は直ちに開始し2020年4月29日まで続きます。

非常事態宣言はこちら

 

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する情報(2020年3月3日)

現時点(2020年3月3日)では、ハワイ州での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者は報告されていません。

ハワイ州では引き続き住民及び観光客へ感染防止対策への呼び掛けを行っています。

  • 病気の際は自宅で療養しましょう
  • 手洗い前に目、鼻、口を触らないようにしましょう
  • こまめに20秒以上、石鹸で手を洗いましょう
  • 咳エチケットを心がけ、風邪のような症状のある方はマスクを着用しましょう
  • 病気の際は他の人に近寄らないようにしましょう

ハワイ・ツーリズム・オーソリティは、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルスにおける状況を注視し、安全措置を確保できるよう、あらゆる対策を講じております。

旅行者への情報:
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/index.html
新型コロナウイルス(COVID-19)とは:
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-nCoV/summary.html
ハワイ州保健局:
https://health.hawaii.gov/docd/advisories/novel-coronavirus-2019/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する情報(2020年2月27日)

  • 現時点(2020年2月27日)では、ハワイ州での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者は報告されていません。
  • ハワイアン航空は、韓国での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、2020年3月2日から4月30日までホノルルのダニエル K.イノウエ国際空港(HNL)と韓国の仁川国際空港(ICN)間の直行便の運航を一時的に中止することを2月26日に発表しました。 最新情報はハワイアン航空のウェブサイトよりご確認ください。https://www.hawaiianairlines.co.jp/
  • 感染症危険情報は2月26日の時点で、韓国はレベル3(渡航は止めてください)、2月22日の時点で、日本はレベル2(不要不急の渡航は止めてください)、 2月2日の時点で、中国はレベル4(渡航は止めてください)となっています。
  • ハワイ州は感染防止対策への呼び掛けを行っています:
    • 病気の際は自宅で療養しましょう
    • こまめに手を洗いましょう
    • 咳エチケットを心がけましょう
    • 病気の際は他の人に近寄らないようにしましょう
  • ハワイ・ツーリズム・オーソリティは、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルスにおける状況を注視し、安全措置を確保できるよう、あらゆる対策を講じております。

最新情報は以下よりご覧ください。

旅行者への情報:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/index.html
新型コロナウイルス(COVID-19)とは:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-nCoV/summary.html
ハワイ州保健局: https://health.hawaii.gov/docd/advisories/novel-coronavirus-2019/

ハワイ州保健局より新型コロナウイルス(COVID-19)について(英語)

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する情報(2020年2月25日)

  • 現時点(2020年2月25日)では、ハワイ州での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者は報告されていません。
  • ハワイ州保健局は引き続き連邦および関連国政府と緊密に連携しながら旅行者と民間の安全措置を確保できるよう、あらゆる対策を講じております。
  • ハワイ州保健局は空港関係者及び旅行業界のパートナーと常に連絡を取り、疾病管理予防センター(CDC)からの最新の情報共有を行っていきます。
  • ハワイ州保健局は、疾病管理予防センターからの情報がすべての関係者と共有されるよう、公共及び民間だけでなく旅行業界のパートナーへ定期的に情報の提供を行っています。
  • ハワイ・ツーリズム・オーソリティは、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルスにおける状況を注視し、安全措置を確保できるよう、あらゆる対策を講じております。

最新情報は以下よりご覧ください。

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する情報(2020年2月21日)

  • 現時点(2020年2月21日)では、ハワイ州での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者は報告されていません。
  • 日本に2月8日に帰国した日本人観光客が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることが確認されました。1月28日から2月3日にマウイ島、2月3日から2月7日までオアフ島に滞在していたことがわかっています。
  • ハワイ州保健局は引き続き連邦および関連国政府と緊密に連携しながら旅行者と民間の安全措置を確保できるよう、あらゆる対策を講じております。
  • ハワイ州保健局は空港関係者及び旅行業界のパートナーと常に連絡を取り、疾病管理予防センター(CDC)からの最新の情報共有を行っていきます。
  • ハワイ州保健局は、疾病管理予防センターからの情報がすべての関係者と共有されるよう、公共及び民間だけでなく旅行業界のパートナーへ定期的に情報の提供を行っています。
  • ハワイ・ツーリズム・オーソリティは、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保健局(HDOH)を通じて新型コロナウイルスにおける状況を注視し、安全措置を確保できるよう、あらゆる対策を講じております。

最新情報は以下よりご覧ください。

その他追加情報:

  • 米国は公衆衛生上の緊急事態を宣言しているため、最近中国に渡航した外国人は、通知されるまで米国(米国市民および永住者の近親者を除く)に入国できません。
  • 過去2週間以内に湖北省を訪れた米国に戻ってきた米国市民は、中国の他の地域を訪れたCOVID-19の症状がある渡航者とと共に最大14日間の強制検疫を受ける必要があります。
  • 米国沿岸警備隊は、過去14日以内に中国(香港とマカオを除く)に行った乗客を乗せているすべての旅客船の米国への入国を拒否しています。https://bit.ly/2tF2Q6y 中国に行った、または乗船した乗組員がいる非旅客商用船(香港およびマカオを除く)の乗組員は米国への入国が許可されますが、乗組員は乗船したままでなければなりません。
  • 中国からハワイへの直行便は、現在運航されていません。 また、中国東方航空は上海とホノルル間のフライトの運行を一時中止しています。

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する情報(2020年2月18日)

ハワイ州保健局は、ハワイへ渡航した日本人夫婦が帰国後に新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した報告を受け、引き続き情報収集を行い、接触者の追跡調査や聞き取り調査を積極的に行っています。
報告を受けた後、ハワイ州保健局はすぐに情報収集を開始し、接触者の追跡調査などを行ってきました。

現時点で、ハワイ州で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者は報告されていません。
また、現在、ハワイでの濃厚接触者は特定されていません。
接触はしたものの濃厚ではなかった人へは聞き取り調査を行い、連邦政府のガイドラインに基づき、監視する必要性はないとされています。
全ての調査対象者はリスクが低い、もしくはリスクがないため、公衆衛生の監督下で監視する必要がないものと判断されています。

ハワイ州保健局は州、連邦、および関連国政府と緊密に連携しながら接触者のハワイでの行動追跡調査を引き続き行っています。

ハワイ州保健局は新型コロナウイルス(COVID-19)の症例の可能性に備えるため、医学会や疾病管理予防センター、州、市郡、連邦のパートナーと協力し、対策を講じています。

2月18日現時点で、中国へ旅行したことがあるため監視されている、または、隔離されている人数は以下となります。ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)の連邦政府職員によるスクリーニングによって特定された人数です。

感染確認者数:0
検査対象者数(検査保留中):0
検査対象者数(検査結果が陰性):0
検疫対象者数:1
セルフモニタリング(自宅待機)数:42

感染確認者:疾病管理予防センターの基準を満たし、検査機関からの結果が陽性であった人
検査対象者:疾病管理予防センターの基準で検査対象となり、検査保留中の人
検疫対象者:指定された場所に隔離される必要がある人。保健局のスタッフによって監視されている
(検疫は法律により執行されています)
セルフモニタリング:仕事場や学校などの人が集まる公共の場、公共交通機関の利用を控え、自宅待機を指示された人
(毎日ハワイ州保健局のスタッフと連絡を取り合っています)

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルスに関する情報(2020年2月15日)

ハワイ州保健局は、疾病管理予防センターよりハワイに1月28日から2月7日まで滞在した日本からの渡航者が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した報告を受けたことを2月14日に発表しました。

渡航者は2月3日に発熱はないものの、風邪のような症状があったことが確認されています。ハワイ州保健局は報告を受け、情報収集をはじめ、接触者の追跡調査など行い、面接等を積極的に行っていますが、渡航の詳細の情報は限られています。

現時点では、ハワイでは長期にわたって密接な接触をしている人は特定されていません。接触はしたものの濃厚ではなかった人たちとは面接はされており、公衆衛生の手順にに基づき、監視する必要性はないとしています。

特定されたすべての人はリスクが低いか、リスクがないため公衆衛生の監督下で監視する必要がないものとしています。

ハワイ州保健局は州、連邦、および関連国政府と緊密に連携しながら接触者のハワイでの行動追跡調査を引き続き行っています。

現時点では、ハワイ州で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者は報告されていません。

ハワイ州保健局は新型コロナウイルス(COVID-19)の症例の可能性に備えるため、医学会や疾病管理予防センター、州、市郡、連邦のパートナーと協力しあい、対策を講じています。

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルスに関する情報(2020年2月14日)

ハワイ州保険局は、ハワイに渡航した愛知県在住の男性が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した報告を受けたことを2月14日に発表しました。以下発表された内容です。

  • 男性はマウイ島に1月28日から2月3日、オアフ島に2月3日から2月7日まで滞在し、日本に帰国後、症状が深刻化したため、医療機関を受診した際に新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることが確認されました。
  • マウイ島滞在中は症状がでておらず、感染の心配はありませんが、オアフ島に滞在中に発熱はないが、風邪のような症状があったことが確認されています。
  • ハワイ州保険局は本日の報告を受け、情報収集をはじめ、接触者の追跡調査など行っています。
  • ハワイ州保険局は、州内すべての医療供給者に勧告し、注意を促しているほか、居住者及び訪問者を保護するための最も効果的な対策について、連邦および郡のパートナーとも協議しています。
  • ハワイ州は引き続き情報共有を行い続けますが、誤報や確認されていない不正確な情報を広めず、常に最新情報を入手し、状況を把握することを呼び掛けています。

ハワイ州は感染防止対策への呼び掛けを行っています:

  • 病気の際は自宅で療養しましょう
  • こまめに手を洗いましょう
  • 咳エチケットを心がけましょう
  • 病気の際は他の人に近寄らないようにしましょう

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルスに関する情報(2020年2月3日)

ハワイ・ツーリズム・オーソリティは、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保険局(HDOH)を通じて新型コロナウイルスにおける状況を注視し、安全措置を確保できるよう、あらゆる対策を講じております。

  • 現時点(2020年2月3日)では、ハワイ州での新型コロナウイルスの感染者は報告されていません。
  • アメリカ合衆国保健福祉省は、2020年1月27日まで遡及し、2019年の新型コロナウイルスへの対応において、国内の医療コミュニティを支援するため米国全体の公衆衛生上の緊急事態を宣言しました。
  • 中国からハワイへの直行便は、現在運航されていません。 また、中国東方航空は上海とホノルル間のフライトの運行を一時中止しています。
  • ハワイ運輸局には、スクリーニングのために中国本土からのフライトがホノルルにリダイレクトされることは報告されていません。
  • 米国政府は、スクリーニング強化のために中国から米国への到着便を11主要空港に限定しています。これらの主要空港は、検疫の体制が強化されています。詳細はこちらをご覧ください。
    https://www.dhs.gov/news/2020/02/02/dhs-issues-supplemental-instructions-inbound-flights-individuals-who-have-been-china
  • ハワイ州保険局(HDOH)は、空港関係者及び旅行業界のパートナーと常に連絡を取り、疾病管理予防センター(CDC)からの最新の情報共有を行っていきます。
  • 疾病管理予防センター(CDC)からの情報がすべての関係者と共有されるよう、ハワイ州保険局(HDOH)は公共及び民間だけでなく旅行業界のパートナーへ定期的に情報の提供を行っています。

最新情報は引き続き各ウェブサイトよりご覧ください。

疾病管理予防センター(CDC):
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html
ハワイ州保険局(HDOH):
https://health.hawaii.gov/docd/advisories/novel-coronavirus-2019/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルスに関する情報(2020年2月1日)

ハワイ・ツーリズム・オーソリティは、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保険局(HDOH)を通じて新型コロナウイルスにおける状況を注視し、安全措置を確保できるよう、あらゆる対策を講じております。

現時点(2020年2月1日)で、米国大統領令により、米国入国前14日以内に中国(香港とマカオの特別自治区を除く)滞在歴のある米国籍以外の訪問者の入国は禁止となりました。

詳細は米国大使館のホームページをご参照ください。
https://jp.usembassy.gov/ja/new-restrictions-on-us-travel-ja/

最新情報は引き続き各ウェブサイトよりご覧ください。

疾病管理予防センター(CDC):
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html

ハワイ州保険局(HDOH):
https://health.hawaii.gov/docd/advisories/novel-coronavirus-2019/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルスに関する情報(2020年1月31日)

ハワイ・ツーリズム・オーソリティは、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保険局(HDOH)を通じて新型コロナウイルスにおける状況を注視し、安全措置を確保できるよう、あらゆる対策を講じております。

  • 現時点(2020年1月31日)では、ハワイ州での新型コロナウイルスの感染者は報告されていません。
  • アメリカ合衆国保健福祉省は、2020年1月27日まで遡及し、2019年の新型コロナウイルスへの対応において、国内の医療コミュニティを支援するため米国全体の公衆衛生上の緊急事態を宣言しました。
  • 米国政府は、2月2日(日)の正午(ハワイ時間)より、スクリーニング強化のために中国から米国への到着便を7主要空港に限定します。ダニエル K イノウエ国際空港はこの主要空港のうちの1つであるため、渡航者のスクリーニング検査を引き続き行っていきます
  • ハワイ州保険局(HDOH)は、空港関係者及び旅行業界のパートナーと常に連絡を取り、疾病管理予防センター(CDC)からの最新の情報共有を行っていきます。
  • 中国からのすべての旅行者には疾病管理予防センター(CDC)より、米国に到着してから14日以内に特定の症状で病気になった場合の対処方法を含むTravel Health Noticeが配布されています。
  • 疾病管理予防センター(CDC)からの情報がすべての関係者と共有されるよう、ハワイ州保険局(HDOH)は公共及び民間だけでなく旅行業界のパートナーへ定期的に情報の提供を行っています。

最新情報は引き続き各ウェブサイトよりご覧ください。

疾病管理予防センター(CDC):
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html

ハワイ州保険局(HDOH):
https://health.hawaii.gov/docd/advisories/novel-coronavirus-2019/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

新型コロナウイルスに関する情報(2020年1月28日)

ハワイ・ツーリズム・オーソリティは、疾病管理予防センター(CDC)およびハワイ州保険局(HDOH)を通じて新型コロナウイルスにおける状況を注視し、安全措置を確保できるよう、あらゆる対策を講じております。

現時点(2020年1月28日)で、ハワイ州でのコロナウイルス感染者は報告されていません。ハワイ州保健局(HDOH)は、引き続き状況を注視しております。なお、 米国で報告された感染者は、中国の武漢に旅行をしましたが米国内での感染の報告はありません。

最新情報は以下よりご覧ください。

疾病管理予防センター(CDC):
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html

ハワイ州保険局(HDOH):
https://health.hawaii.gov/docd/advisories/novel-coronavirus-2019/

情報提供元:ハワイ州観光局

 

 その他のニュース