ハワイ、新型コロナウイルス(COVID-19)に関する情報

ハワイの新型コロナウイルスに関する情報

現地情報

ワイキキ
 

 

2021年はこちら

Hawaii News Nowからの新型コロナウイルスに関する情報を転載します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2022年1月18日)

ハワイ州保健局は18日(火)、州内で新たに6,000名を超える新型コロナウィルスの感染者の確認を発表しました。

内訳は、オアフ島3,949名、マウイ島816名、ハワイ島834名、カウアイ島547名、モロカイ島24名、ラナイ島10名。州外からの訪問者72名。

1日の新規感染者が6,000名を超えるのは初めてです。

情報提供元:Hawaii News Now

Hawaii News Nowからの新型コロナウイルスに関する情報を転載します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2022年1月10日)

ハワイ州知事は、セーフ・トラベル・プログラムに関して、ブースター接種が必須になる可能性があるとしました。

州知事は今回、同プログラムについて、2回のワクチン接種からさらにブースター接種を受けたことを証明するか、または陰性証明を提示することを求める方法に変更することを検討しています。尚、州内のレストランやイベントへの参加へのブースター接種義務付けついては、各市、郡の長の判断とするとしています。

情報提供元:Hawaii News Now

Star-Advertiserからの新型コロナウイルスに関する情報を転載します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(2022年1月5日)

ホノルル市長は、オアフ島で1000人を超える大規模な屋内イベントの定員を50%とすることを発表しました。一日感染者の急増を受けたもので、月曜日から実施されます。

ハワイの病院は、ここ数週間で新しいCOVID-19の患者数が過去最高を記録し、満床に近い状態になっています。ハワイ州保健局は、新たに2,611人のコロナウイルス感染が確認、またはその可能性が高いとしています。オアフ島だけで1,934人の患者を記録しました。

情報提供元:Star-Advertiser

 

 2021年はこちら