ハワイを楽しむ
ミッションハウスミュージアムからのお知らせ
ミッションハウスミュージアム
― ニュースレター
(Summer, 2006)
 
(c) Mission Houses Museum
+Hawaii プラス得するハワイ情報サイト

(c) Mission Houses Museum
ミッションハウスミュージアム
公式サイト:
www.missionhouses.org
日本語お問合せ:
email:
amcclure@missionhouses.org
電話:808-531-0481

イギリスの探検家ジェイムズ・クックがハワイを発見してから42年後の1820年、ボストンから南米最南端のホーン岬を経由し、6ヶ月間の航海の末、宣教師たちがハワイに到着しました。ミッションハウスミュージアムはこの時代に建てられた宣教師たちの住居、作業場、倉庫の一部を保存したものです。初期ニューイングランド文化の一面を垣間見ることのできる、ハワイでは数少ないところで、併せて19世紀初頭のハワイの様子もご覧いただけます。

553 South King Street, Honolulu, HI 96813
開館日: 火〜土曜日10:00 a.m. - 4:00 p.m.
*祭日は休館です
日本語館内ツアー 金曜日― 10:30 a.m.
それ以外の時間、グループツアーは予約下さい。
ツアー料金 大人10ドル
シニア(55才以上)8ドル
学生 6ドル
+Hawaiiカード会員はツアー料金が2ドル割引
(同行者は割引対象外)
行き方はこちらを参照。

  • Treasures of Hawaii’s Past
    (トレジャー ・オブ ・ハワイズ ・パースト)


    期間:2006年4月21日〜2007年1月27日

     今回の展示「トレジャー ・オブ ・ハワイズ ・パスト」はミッションハウスミュージアムのコレクションからです。キルトや布地、家具、カパからキッチン用具まで、19世紀のハワイでのアメリカ人たちの生活が伺えます。薬品箱やハワイで印刷された本等は宣教師たちの仕事の一部を反映し、刺繍見本やキルトは女性たちによる家内での努力を映し出しています。またカパのケープや金時計はアメリカとハワイという文化の全く違った人々の交流を証しています。
     初期アメリカ宣教師たちは自分たちの故郷ニューイングランド地方を離れ、遥か遠い、見知らぬ土地であるポリネシアの王国へと旅立ちました。展示物の多くは、当時宣教師たちがニューイングランドのボストンを出港し、ケープホーンを経てハワイにたどり着くまでの5ヶ月の航海を経て今に残されたものです。ある物はここハワイで作られた物、他には皇族や貿易船等の船長からの贈り物だったり、またニューイングランドスタイルのデザインとハワイの素材といった組み合わせのものや中国との貿易等商業的なものもあります。
     今回の展示ではハワイのユニークな歴史を垣間見ることが出来るでしょう。

    入場料$5。+Hawaiiカード会員は$1割引。


    (c) Mission Houses Museum

    (c) Mission Houses Museum

    (c) Mission Houses Museum

    (c) Mission Houses Museum

    (c) Mission Houses Museum

    (c) Mission Houses Museum
    motto +Hawaii会員の方は
    作品をクリックすると拡大
    画像をご覧いただけます。
    +Hawaiiカード会員は入場料が割引になります。
     

  • ハワイアンキルト教室
    現在、グループでのお申込みのみお受けしています。クラスは3人以上から、御予約が必要です。ご自分のキルトをお持ちになっても結構ですし、またミュージアムショップでもキットが買えます。又ハワイアンキルトパターンデザインやパターントレーシング等のクラスもご希望により行っております。

    クラス料金:一般ビジター $15

お申し込み、詳細は 808-531-0481” 山本あつみ” までお電話下さい。

 

関連ページ:
 ミッションハウスミュージアム
 第25回ハワイアンキルト展(2003年)
 第26回ハワイアンキルト展(2004年)
 ラスティング・インプレッション
 MHMニュースレター一覧
 

+Hawaii プラス得する情報サイト
+Hawaii; Copyright© 1997-2014 Didit, Inc. All rights reserved.