カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2019年04月 次月>>
 
最近の投稿
最近のコメント

保留中コメント:0件
カテゴリー
アーカイブ
リンク
プロファイル
検索
他のブログ
RSS
QRcode
QRコード
<< >>

Mana i ka Leo
先週の日曜日、ハワイの文化を知っている人には
とても興味ぶかいイベントがありました。

Mana i ka Leo: Power of the Voice
というタイトルの初公開の映画です。



たった30分の映画でしたが、制作に費やされたのは6年間。

内容は、ハワイアンチャントがハワイの文化と習慣にとって、
どんなに大切か、そして古代&現代のハワイアンにとって
どれだけ深い意味を持つか。。。という、かなりディープな、
濃い映画です。

場所はマウイ・アーツ&カルチャラルセンター。


コンサートや演劇など、ライブではないこの種の催し物のチケットは、
マウイでは売り切れになることは滅多にありません。

今回も私はそのつもりで、「映画だから当日チケットを買えばいいかな。」
と思っていましたが、考えが甘かった!!ボックスオフィスには
長ーーーーい行列が汗汗

私の10人ぐらい前で、チケットは売り切れ。そして待つことしばし。
結局たくさんの人がチケットを買いそびれたので、急遽会場を
小さいマッコイシアターから大きい方のキャッソルシアターへ移動。

開演時間が1時間ほど遅れましたが、全員座れて、しっかり
映画を見る事が出来ました。私もその一人チョキ

肝心な映画の内容はというと。。。すごかったです。。。。
私のクムフラ、ホクラニ・ホルト、あの有名なカウマカイワ・カナカオレ。

「ハワイアンにとってのチャントとは、生活の一部。
だれに評価されるでもなく、競いあうわけでもない、自然界に存在する神と、
チャントを唱えるその人との神聖なコミュニケーション」

映画の中でチャントを唱えている姿は、映画のために
演技をしているのではなく、魂と心とすべてがそのチャントとともに
今、生きている「LIFE}そのものである。。。

言葉の持つパワー。

言葉によって人間は、傷もつくし、癒されもする。
Power of Voice
すばらしい映画でした。。。

時間はかかりますが、DVDでも発売させる予定だそうです。
ハワイの文化に関心のある方には、
絶対に見ていただきたいドキュメンタリー映画です。

| https://www.plus-hawaii.com/blog/akiyo/index.php?e=374 |
| イベント | 03:08 AM | comments (2) | trackback (x) |
うーーむ、見て見たいなぁ…
| TAKUMA | EMAIL | URL | 2011/01/23 11:26 PM | nLtIMtUI |

言葉は救いになったり凶器にもなる・・
肝に銘じます。

満員になると急遽会場変えてくれる
臨機応変さ 素晴らしいね。
日本ならすんなり帰されちゃうと思う・・
| eririn | EMAIL | URL | 2011/01/23 10:57 AM | X3LUJvKI |


ページトップTOP

<< >>