ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ(Wet'n'Wild Hawaii)

WAWH、どうよ?

ハワイでプール?!

ずーっと思ってました。ここが出来たときから。

”ハワイといえば、青い海、白いビーチ。
どーしてハワイに来てまでアドベンチャーパークなの?
プールなの?”

って。

ところが地元の友人たちからは『絶対たのしいから、行ってみなよっ』って、何度も何度も言われ続け、あるときポッカリ滞在中の予定が空いたので、試しに一度いってみようかなぁ・・・・、と半信半疑でついにトライしてみたウェット・アンド・ワイルド・ハワイ(WAWH)。

ワイキキからH1に乗って終点(始点)の Exit 1で降りて右側を戻るかたちで走るとすぐ、フラッグを掲げたHWAPの入口が左手に現れる。そこからパーキングへ向かうと、広い駐車場には家族ずれが・・・。で、ゲートに向かって小走りしているのは子供より親のほう。楽しみで待ちきれないようだ。

緑がいっぱいのテーマパーク

入場してすぐ思ったのは緑が多いこと。日本のテーマパークっていろいろ凝っているけど人造物が多くてどこか冷たい硬い感じ。でもここは緑ゆたかなパークの中にアトラクションがうまい具合に配置されちてイイ感じ。緑に囲まれた敷地には大人も子供も楽しめるアトラクションがいろいろあり、どれからトライするか悩むところ。スライダー系が多いけどスリル度が超度級のものから家族向きのソフトなものまであり、流れるプールや波のプールは家族や子供達で賑わっていた。各アトラクションにはライフガードが付いていて安心感がある。個人的に一番のおすすめは滑降距離が長い”ワイアナエ・コースター”。何度乗ったか覚えてませ〜ん。

家族連れはもちろんだけどカップルも多く、ロコのデートスポットなのかもしれない。そして予想外に日本人カップルや家族が多いのも驚き。それでいて日本とちがってすいてる。日曜日なのに長蛇の列なんてなかったね。 食事どころもいろいろあって、BBQセットも美味しそうだった。これならホント一日中遊べるね。

レンタカーで行くも良し、送迎やいろいろついたお得なパッケージもさらに良し。 子連れハワイで、滞在後半にお子さんがぐずり出すことが予想される場合には絶対ここがおすすめ。きっと延泊をせがまれますよ!HWAPの詳しい情報やお得なパッケージ、申込みについては ウェット・アンド・ワイルド・ハワイの詳細を参照。

これからは”WAWH、どうよ?”って聞かれれば、”マジ、よかった”と答えます。はい。

ワイアナエ・コースター
”ワイアナエ・コースター”
長〜い滑り台って感じ
長〜い滑り台って感じ
とにかくスリルを楽しみたい人
とにかくスリルを楽しみたい人
エントランスはやっぱりハワイアン
エントランスはやっぱりハワイアン
緑がいっぱい、木陰が涼しい
緑がいっぱい、木陰が涼しい
アトラクションはいろいろ
人気の波のプール
Kidsに人気の波のプール
ブギボーレッスンも

インフォメーション

住所:
400 Farrington Highway Kapolei, HI 96707
Open:
10:30〜。閉園時間は日により異なる。
詳しくはこちらの”営業時間”を参照
詳細予約:
ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ
メモ:
パーキングは広く、十分なスペースがある。

 場所とルートを確認

? Busルート

逆ルート

地図

■初出:2004年11月  更新:2015年11月

無料アドレス登録